Img_loader

防カビ・除菌プラス バスクリーナー よくあるご質問

お問い合わせの多い質問とその回答です。

酸性パワーとは何ですか?

「スクラビングバブル 防カビ・除菌プラス バスクリーナー」は酸性のクリーナーです。成分として乳酸が配合されており、そのパワーで石けんカス汚れを強力に分解することができます。また、カビ胞子や生え始めのカビに直接効いてカビを防止する効果があるとともに、除菌効果も期待されます。この乳酸パワーにより、汚れをしっかり落とすとともに、カビ防止もラクラクできるのです。

洗い流してもとれずに残った汚れはどうしたらいいですか?

汚れがひどい場合は、スプレーした後、2~3分置いてから、スポンジなどでこすると効果的ですので、もう一度お試しください。こすり洗いをしても残ってしまうしつこい汚れは、風呂用クレンザーでのお手入れをおすすめします。

カビを落とすことはできますか?

表面についた軽いカビ汚れであれば、こすり洗いをしていただければ、ある程度落すことができますが、タイルの目地やパッキン部分などに生えてしまったしつこいカビを除去する効果はありません。カビが生えてしまっている場合は、「カビキラー」でお手入れください。その後、カビが生える前に、定期的に防カビ対策としてご利用されることをお勧めします。

使えない素材はありますか?

大理石などの天然石には、使えません。また、木製品は洗剤が浸み込みやすいので、すすぎが充分にできないため、ひのき等の木製の浴槽にはおすすめしません。そのほか、真ちゅう製品にも使えません。もし、材質が不明な場合は、必ず目立たないところで試してからご利用ください。

どんな香りがしますか?

「シトラスライムの香り」「フレッシュフローラルの香り」「フルーティアップルの香り」の3種類をご用意しています。

つめかえ用はありますか?

はい、ご用意しています。

「スクラビングバブル 強力バスクリーナー」を使っていました。この空容器に「スクラビングバブル 防カビ・除菌プラス バスクリーナー」のつめかえ用を入れて使っても大丈夫ですか?

「防カビ・除菌プラス バスクリーナー」は「強力バスクリーナー」のリニューアル製品です。同じデザインの容器を使っていますので、同じ香りであればご利用いただけます。ただし、万一違う香りの液が混ざったとしても危険な反応が起こることはありません。

スクラビングバブル 防カビ・除菌プラス バスクリーナーにPHMGが入っていますか?

入っていません。弊社ではPHMGを使用している製品はありません。

使用後、床や壁が乾いたら白くなってしまいました。

表面が濡れている時にはわからないのに、乾くと見えてくる白い汚れは、水アカ汚れと思われます。材質自体が変質しているわけではありません。

浴室の壁や床には、石鹸カス汚れや皮脂汚れ、水アカ汚れ等、いろいろな汚れが付着しています。皮脂汚れや石鹸カス汚れは「スクラビングバブル 防カビ・除菌 バスクリーナー」など、浴室用の洗剤で落とすことができますが、水アカ汚れは、浴室用洗剤やカビ取り剤では落とすことができません。白く見えるのは、皮脂汚れや石鹸カス汚れがクリーナーで除去された後に、落とすことができない水アカ汚れが目に見えるようになったものです。

水アカ汚れは、浴室用クリームクレンザーなどで根気よくこすり落としてください。タイルであれば、英文タイプライター用の砂消しゴムで、こすり取ることができます。

水アカ汚れとは
水道水に含まれるケイ酸分やカルシウム、マグネシウム、炭酸、鉄イオンなどの無機成分が、素材表面に汚れを巻き込みながら乾燥・蓄積したものです。濃い色の素材の表面で特に目立ちます。
また、凹凸の材質の場合、水が凹部に残りやすいので、水アカ汚れが堆積しやすくなります。


石鹸カス汚れとは
体から出る皮脂汚れやタンパク質及び石鹸成分と水道水中のカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが結合したものです。
※ご参考: 水アカ汚れについては石鹸洗剤工業会のホームページでも情報を提供しています。
※お掃除119番(失敗事例 その原因と防止策)